不動産の空室対策マーケティングとは?③内覧した物件が成約するには?

最後に、入居候補者が3つある検討候補の中からどうやって1つを選び出すのかを考えてみましょう。まず、入居候補者は現地の案内を受ける中で、管理状況、セキュリティー、デザイン性、入居サービスなどの様々な内容を見て決めますが、最終的に賃料が自分の予算に合うかどうかが成約に至る流れとなります。

  1. いつ、どう案内して、どうして成約しなかったのかをデータにする。
  2. とにかく即時対応、内覧案内ののちすぐに状況確認をする。
  3. 「リフォーム済み」の案内紙や上下水道の匂いが発生しないようにする。
  4. 入居者による交渉余地を残しておき、仲介店判断ですぐに対応できるようにする。
  5. 入居者の予算ターゲットに合わせた部屋をつくる。リノベーションし過ぎない。

不動産オーナーも業者多くの意見は入居者が入らないから管理会社が悪い、仲介店へのPRが足らない、挙句の果てには今は賃貸市場が動いていないからという環境を言い訳から入ります。空室対策マーケティングの基本は、いつ、いくらで、誰が、どんな条件で入るのかを空室になる前から想定し、週報をつくりましょう。