コンテナボックス設置による土地活用とは?

事例協力:アパルトマンエージェント株式会社(大阪)

不動産オーナーリスク度 4~6 (最高リスク10)

全国展開の大手コンテナ・倉庫専門会社があるものの利用者への営業力に関しては地域色が強い。誘致コスト(開発投資額)が不透明なため、ケースによってはトラブルも多いのが実状です。一般的な不動産仲介会社では扱えないため、事業店舗開発者への問い合わせか、商業開発専門リアルター(※REIBS提携)による開発誘致を行う必要があります。

 

<立地条件>

80坪~200坪

不可エリア:調整区域、1種低層、2種低層、1種中高層

 

<契約条件>

1.借上方式(事業者による土地借上)

2.オーナー設置委託方式(コンテナ購入ののち事業者へ運営委託)

3.オーナー設置のみ(コンテナ購入、利用者向け看板設置)

土地借上の場合、借地料は700円~1,500円程度。

賃借料の場合、基本賃借料+売上歩合契約。

<オーナーのメリット&デメリット>

・最低契約年数10年ほど必要。

・幹線道路であればニーズが高い。

・事業委託契約の場合は駅から離れた事業用のニーズが低い場所でも設置可能。WEB上でコンテナ利用者を集客するため、エリアに強いコンテナ事業会社を見つけることが重要。

 

不動産オーナー経営学院REIBSでは、全国の現役受講生やOBOG受講生の中から厳選して会員を募り、「不動産オーナー10の悩み」に応じた専門窓口を設けております。「地域」、「規模」、「用途」に応じた、きめ細やかな対応が取ることができます。