横山 篤司

出身:名古屋生まれ
学歴:成城大学経済学部卒
フォーダム大学大学院国際ビジネス学科(金融学専攻)卒、IPED修士号
職歴:Musashiya International., Inc(ニューヨーク)
モルガン・スタンレー・キャピタル株式会社(東京)
(現在)むさしコーポレーショングループ 代表取締役
(現在)株式会社LDKプロジェクト 代表取締役
主な著書・共著・監修:REIBS講義資料集全般

三代目後継者として名古屋駅前で元々旅館業を営んでいた、生家が営む創業80年むさしコーポレーションに入社。多額の負債や不良債権を抱えていたが、8年がかりで本社建替え、事業再生を行い、現在は東京・名古屋でビルやマンション、商業施設、駐車場等を経営ほか、不動産関連会社3社を経営。

「不動産を所有してからの経営戦略」という観点で、家業再生、後継者育成で評価を得て、学識者、教育者としても活躍。現場目線の空室活用「LDK覚王山」「名駅四丁目酒場メイヨン」などを成功に導き、ベンチャー実業者でもある。

ニューヨーク5年間の留学及び大学院で学んだ海外のまちづくりを実践し、「街づくりを通じて地域の社会課題を解決する街づくりプロフェッショナル」を志として幅広く不動産実務に携わる。また悩んでいるオーナーのために現場の実務指導や講師派遣を行う「かかりつけ医」として全国を回る。