1. TOP
  2. 動画
  3. Pickup講義
  4. 元外資系投資銀行マンが考える「建替え学」の財務改善手法

元外資系投資銀行マンが考える「建替え学」の財務改善手法

 2018/05/11 Pickup講義 動画
この記事は約 2 分で読めます。 1,456 Views

【不動産オーナー経営学院】資産運用学科/2018年学長講義

元外資系投資銀行マンが考える「建替え学」の財務改善手法

約8年に渡る不動産の建替えプロジェクトを終え、不良債権を処理し、かつ家業を事業再生した三代目不動産オーナーの横山篤司(ANDY)学長による、建替えの秘訣の原点と言われる「事業再生事例」を本日は解説します。

事業再生物件のひとつである、築50年の大型事務所ビルから2階建て商業ビルへと再生した事例(愛知県名古屋市)

元々は地上9階建て地下3階の店舗・事務所ビルへであった。

 

一時期は、入居率60%台まで落ち込んでしまったビルを100%稼働に戻し、かつ5年後には完全解体にまで漕ぎつけた。

\ SNSでシェアしよう! /

不動産MBAの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産MBAの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

横山 篤司

横山 篤司

名古屋生まれ。ニックネームは「ANDY」、フォーダム大学大学院国際ビジネス学科卒(NY)
一般社団法人不動産オーナー経営学院 代表理事
https://note.com/andyyokoyama/n/n1921a78b99cd
プロフィールはこちらのサイトをご覧ください。不動産のことを分かりやすく伝えていくのが仕事です。2014年に日本の不動産オーナーのための学校を設立し、これまでに全国の地主と10,000人以上会う。日本で唯一にしてNo.1の不動産ビジネススクール「REIBS」では、成果実例やノウハウを限定公開しています。いろいろとチェックしてみてくださいね!

コメントを残す

*

この人が書いた記事  記事一覧

  • 賃貸業で売上をあげるためには?

  • 賃貸業で費用を下げるためには?

  • 銀行ってどんな審査基準?不動産を買うとき、ローンの借り換えとき理由や攻略まとめ

  • プロから学ぶ不動産投資の法的調査Q&A雛形

関連記事

  • 地主父子の事業承継バトル。築50年物件再生の衝撃実話!

  • わずか半年学んだだけ!地代1.8倍、増額成功事例

  • 横山学長の思想とビジョン第1回

  • 元外資系投資銀行で実際に行われる家賃を引き上げる正攻法とは?