自分の資産を守ろう。しっかりと利益を出そう。不動産オーナー・スクール「REIBS」

名古屋・東京・大阪にて開校

REIBS

history

  • TOP>
  • REIBSの生い立ち

history

先の見えない不動産ビジネスの
未来を一緒に描きたい。
不動産経営は
会社の経営と同じです

セミナーでは学べない。
全国の失敗経験を基に
1000人以上が学んだ、
成功するための
社会人ビジネススクール。

私が父から三代目の経営を継いだとき、「業者は敵だ」という不信感しかありませんでした。税理士には「不動産を売れ」と言われ、管理会社には「空室が埋まらない」と言われ、保険会社には「父の生命保険や退職金貯蓄」ばかりを勧められた。みんな業者の都合ばかりを押し付ける。それが2010年でした。不動産オーナーとしての智慧や勇気がなければ、何も決断できないまま、さいごは資産を失ってしまう・・・。あれから10年。いま、私が建て替えに成功し、事業を再興し、不動産投資を行える理由はただ一つ、「プロを味方」にしたことだ。

自分自身が経験した大きな失敗から、不動産オーナーを守るために開校しました。自分自身が経験した大きな失敗から、不動産オーナーを守るために開校しました。

一般社団法人不動産オーナー経営学院/学長
横山 篤司 Atsushi Andy Yokoyama
むさしコーポレーショングループ 三代目後継者

  • 2003年/23歳

    最初の挑戦

    叔母に勧められ、人と同じことをやりたくないという気持ちもあり、世界でも最高の舞台での成功を夢見て、ニューヨークへ留学。ここで経営について学ぶ。

  • 2004年/24歳

    起業する

    アパートホテル事業の会社をニューヨークで立ち上げる。この時、たくさんのビジネスマンと出会う。事業は軌道に乗り、売上3,000万円を達成。

  • 2007年/26歳

    初めての投資事業~大きな失敗~

    ビジネスが軌道に乗り、自信がついていたこともあり、投資事業に乗り出す。
    投資事業は信頼できる人に任せ、自社の事業に集中。社員も10名を超え、売上1億円を超える。

    起業から3年後、投資事業で大きな失敗をしていたことが発覚。3年以上かかって貯めたお金が一瞬で無くなる。ここで初めて、人にお金を預ける、投資を任せることの恐ろしさを知る。

  • 2008年/27歳

    父の会社が最大の危機に陥る~再建への挑戦~

    日本で不動産の経営をしていた父親から、「日本へ戻ってきて欲しい」と、一本の電話が入る。
    父親はNYへ来て、自身の会社の状況を初めて話した。
    その後、自身はNYでの事業経営を友人に譲渡し、日本へ帰国。

    いくつもあった父親が所有する不動産は、周りの業者のずさんな提案やアドバイスにより、
    ほぼ手放している状態であった。この時、本丸として所有していた名古屋駅の物件が最後の砦となっていた。
    入居率は70%を切り、先行きの見えない賃料の下落と老朽化に苦しんでいた。

  • 2010年/29歳

    現在のREIBSの
    プロチームで実践する
    「フィールドワーク」スタイルは
    この時誕生する

    「不動産を売れ」という税理士の提案を断った。もうこれ以上は負けられない。
    父親とともに外部アドバイザーと自分とで一つの再生チームを作り、事業再建へと乗り出す。
    業者を味方にするチームワークこそが、現在のREIBSのフィールドワークのスタイルとなっている。

  • 2014年/33歳

    「REIBS」誕生。

    「REIBS」誕生。

    「自身の経験をもとに、
    困っている不動産オーナーを助けたい」
    という想いのもと、
    不動産オーナーによる、不動産オーナーのための学校
    「Real Estate Investment Business School」を立ち上げる。

  • 2019年/38歳

    今も変わらない
    「実践・体験型」の
    学びスタイルを貫く

    不動産を引き継ぐ、買ってから、経営を考えるのでは遅い。「不動産を所有してからの経営戦略」が不可欠。
    その後、父親の会社の苦境を脱却し、現在は実業家、教育業、講演業、社会起業、執筆業と幅広く活躍。
    また不動産関連会社5社を経営し、働く女性とママを応援する「LDK覚王山」、社会起業として「保育園」「無料キッズルーム付カフェ」、不動産開発では「名駅四丁目酒場メイヨン」ほかを成功に導く実業者として活動している。

現在に至る

「REIBS」の社会的役割

体験を通して基礎を学ぶ場を創り続けることで、このさき他人任せの「失敗するオーナー」からしっかりと収益を生む「成功するオーナー」を日本中に輩出させることです。

MESSAGE

「不動産を学ぶうえで、
本当に大切なこと」

私は、2015年6月に築50年の自社ビルを取り壊しました。

先祖代々守り続けた土地と建物をどうするのかについて本当に悩んだ5年でした。その建替えに至る過程において、長年建物管理をお願している会社から「空室が埋まらない、さらに賃料を下げてほしい」と言われたら、どんな気持ちになると思いますか。唯一、父が信頼していた顧問税理士から「今売れば利益が出る、売るべきだ」と提案をされたら、あなたはその提案に従うでしょうか?
恐らく、多くの不動産オーナーが、「今まで何のために不動産を守り続けてきたのか」と気力も失ってしまうでしょう。ましてや、融資先の銀行からも「不動産を売ってください。借入している他の融資の返済もしてください」と返済を迫られたら、私たち不動産オーナーはひとたまりもありません。
10,000人以上のオーナーや業者と会ってきた私の持論ですが、「不動産を売れば楽になる」と考える専門家の多くは、不動産のことをよく知らない、他人事と考えていることが多いと分かりました。もちろん、オーナー自身が現在の財務状況を把握し、事実を受け入れて、売上を改善するために抜本的な計画が立てられないのであれば、遅かれ早かれ、倒産は逃れられません。そうなる前に、不動産を売却することが正しいのかもしれません。
しかし、そのような危機的な状況に陥ってしまったのは、間違いなく不動産オーナーの責任であり、税理士や仲介会社のせいではありません。私たち不動産オーナーが正しい知識を身に着けて、「専門領域に長けた専門家を味方につけること」が成功への道です。資格の多さや勉強量ではなく、「儲けること」が会社の存続条件です。

また業者や専門家のみなさんも、ぜひ不動産のことを、不動産の「ふ」の字から勉強してください。不動産業界の共通ゴールは、「専門家も共にオーナーにとっての正解とは何か?を考えること」からはじまります。真の不動産プロフェッショナルをともに目指しましょう。

一般社団法人不動産オーナー経営学院/学長 横山 篤司