1. TOP
  2. 建替え経営学
  3. 建替え経営学2
  4. 立ち退き実務10のノウハウと事例紹介

立ち退き実務10のノウハウと事例紹介

 2019/06/26 建替え経営学2
この記事は約 2 分で読めます。 614 Views

①転居の打診(準備~打診まで6カ月から1年)

・既存入居者が投資した設備・内装費用の再算出

・入居者が求める広さや条件のヒアリング

・駐車場や倉庫等の必要有無のヒアリング

・新規賃料条件のヒアリング

→普通借家の場合は新賃料を提示

→定期借家の場合は5年間割安賃料を提示

・代替駐車場、代替敷地の事前準備

②代替物件の提案(打診~提案まで1年から2年)

・代替物件のボリューム設計

・デザイン~基本設計

・入居者のステイタス、収入、状況を確認

・予約契約(内諾)

③明け渡し請求(上記に応じない場合は期日を区切って通知)

・弁護士への依頼

・最終条件提示

④訴訟(1年~2年)

⑤判決

という順番をあらかじめ抑えておくとよいでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

不動産MBAの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産MBAの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

master

コメントを残す

*

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2020年4月7日 一週間の最新情報

  • プロから学ぶ不動産投資の30種類の用途をメリットで分析

  • 立ち退き実務10のノウハウと事例紹介

  • 第二十回 最終回~不動産の資産家の成功哲学~

関連記事

  • 第三回 不動産を売らずに“敢えて”増やせ!

  • 第十七回 これが不動産三代目の末路

  • 第十一回 建替えの第一歩は「型」を作ること

  • 第一回 不動産経営の甘さを見直せ!

  • 第十五回 建替え資金ゼロでも建替えはできる

  • 第十三回 共同事業による建替えの注意点とは