1. TOP
  2. 建替え経営学
  3. 建替え経営学2
  4. 第十九回 資産家がみんなやっている資産拡大のススメ

第十九回 資産家がみんなやっている資産拡大のススメ

 2019/04/17 建替え経営学2
この記事は約 3 分で読めます。 217 Views

<建替えフェーズ③ 建替え時に気を付けたい3つのポイント>
あなたの不動産が以下の条件に当てはまる場合は対策を考えていきましょう。
1. 収益の生まれない土地や山林などがたくさんある
⇒相続税を支払う原資をつくる(資産売却×土地活用)
2. 築古物件ばかりをもっている
⇒築古物件を整理する(資産売却×建替え)
③. 大きなアパート、マンション、ビルなどが1棟しかない
⇒不動産を共有にしないこと。(土地活用×資産取得)

2017年春に名古屋駅前で新ビル竣工。2015年6月に本社ビル解体着手するまでに5年、建替プロジェクト完遂までに足掛け約8年の歳月をかけた上で再建し、父と共に「戦略的不動産経営5カ年計画」を実行した経験則をお伝えします。現在は全国の中小不動産オーナーの建替えプロジェクト顧問に就き、不動産学校内でプロチームを組成。新築ビルの竣工前満室、本社ビルの財務健全化、トラブルの自力解決など数多くの事例を積み上げる。

○私の経営体験談
私たちの相続争いの始まりは「1棟のビルを3人の後継者で争ったこと」にはじまります。相続においては「資産を平等に分ける」というのが日本の法律です。専門家の間では、資産を平等に分けるために「家族信託」や、「遺言」といった手法が使われます。しかし、そもそも「不動産の共有」という状態は続いています。
私の父はこれを「悪平等」とよく言います。一つの不動産を3人が相続した時に、たとえ「収入」が3等分されても、修繕や建替えといった「支出」の判断や、専門家の交代といった「ヒト」の問題に直面します。つまり、経営は3人が仲良く行えるほど甘いものではありません。

〇ポイント=資産を守るのではなく運用する
そこで、私は3つの方向性を資産家の皆さんに提案しています。①小さな物件の購入や事業を作る。②1つの土地を複数に分けておく。③継ぎやすい資産へ建替える。まずはその理由をお伝えします。
私の経験では、不動産は地域によって「適切な土地の広さ」があります。土地が広すぎると1人のオーナーが所有するには手に余ります。新たなテナントを見つけるのも大変です。また、受け継ぐ人にとっては資産の運用が難しいことや、兄弟姉妹で不動産が共有になってしまう課題もうまれます。

そこで私がお勧めするのが「大きな建物を建てるよりも小さくたくさん建てる」ことです。たとえば戸建て賃貸や、郊外ロードサイドの店舗など、収益の生まれる不動産を複数に増やしておくことです。こうすることで将来不動産を切り分けたりすることもできます。

\ SNSでシェアしよう! /

不動産MBAの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産MBAの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

master

コメントを残す

*

この人が書いた記事  記事一覧

  • 立ち退き実務10のノウハウと事例紹介

  • 第二十回 最終回~不動産の資産家の成功哲学~

  • 第十九回 資産家がみんなやっている資産拡大のススメ

  • 第十八回 築古物件を整理する3つの判断基準

関連記事

  • ANDYの明日から考える わかりやすい建替え経営学3全国編

  • 第八回 大手不動産会社との共同開発ってどう思う?

  • 立ち退き実務10のノウハウと事例紹介

  • 第二回 立退き時に有効な定期借家契約の活用実例

  • 第十一回 建替えの第一歩は「型」を作ること

  • 第十八回 築古物件を整理する3つの判断基準